フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスは、ストレスケア、メンタルケアに
おすすめのリラクゼーション方法です。

アロマテラピーやハーブと同じ植物療法のひとつです。

精油やハーブが、体に働きかけて体の不調が楽になるように、
フラワーエッセンスは感情に働きかけ、
心地よくない感情を楽にしてゆきます。

いうなれば、「病は気から」の「気」に働きかけ、
心の健康をもたらすものです。

 

現在、世界にはいくつものフラワーエッセンスがありますが、
英国の医師エドワード・バッチ博士が作ったフラワーエッセンスが
すべてのフラワーエッセンスの始まりでした。

バッチ博士は、精神や心が心身に影響を及ぼし
病気を引き起こすことに着目し、
心のバランスを取り戻す療法を
野生の草木の中に求めました。

その研究の結果、1936年に37種類の植物由来のエッセンスと
岩清水の38種のエッセンスからなる癒しのシステムを
完成させました。

 

こんな時にフラワーエッセンス

日常のささいな出来事に、突然の出来事に、フラワーエッセンスが
活躍する場面が毎日必ずあります。

  • 不安や心配事が頭から離れない時
  • 職場や家庭での人間関係で悩んでいる時
  • 何をやってもうまくいかない、嫌になってしまった時
  • あきらめや絶望感を感じる時
  • 他人のことを気にしすぎていると感じる時
  • 人の影響を受けすぎていると感じる時
  • 孤独や、苛立ちを感じる時

 

こんな経験はありませんか?

 

家族やペットのことが心配で、長時間家を空けるのが不安だ
留守の間の準備をしっかりしておけば心配なことはない、と思える。

地震が起きたらどうしよう、老後が不安だ、私がやってあげないと・・・
いつも何かを心配している

準備をしておけば、どうにかなると心に余裕ができる。
私がいなくても何とかなると思えるようになる。

職場やご近所、グループに苦手な人がいる
例えば、距離を置く、間に人をはさむ、など対処方法が考えられる。
案外いい人だったことがわかり、苦手意識が薄れるなど

どうせ私なんて何をやったって、、、自信がない
自分自身を受け入れて認められるようになる

ダイエット、運動、勉強、仕事、何をやっても長続きしない
もう少し頑張ってみようと思えるようになる

喪失感で何もする気が起きない、ペットロスで心が潰れそう
悲しみが薄らぎ、出会えたこと、一緒にいられたことを
幸せに感じられるようになる。

他人のことが気になって、イライラしたり、つい口を出して喧嘩になる
悪い面ではなく良い面が見つけられる。
その人なりの考えがあると思えるようになる。

自分のことをついつい後回しにしがち。用事や残業を頼まれると断れない。
自分を優先できるようになる。
「この後でいいですか?」など、相手に伝えられるようになる。

ひとりぼっちな気がして寂しい
ひとりの時間も大切と思えるようになる。
自分から人の輪に入っていけるようになる。

せっかちを自覚している。遅い人を見たり、一緒にいるとイライラする。
待ってあげる心の余裕ができる。

 

フラワーエッセンスの特長

フラワーエッセンスは医師によって作られた、簡単で、禁忌事項のない、
安心で安全な療法です。(※薬ではありません)
他の自然療法、植物療法とくらべても、気軽に生活に取り入れやすい
セルフケアアイテムです。

副作用や依存性もなく、赤ちゃんや妊婦さん、お年寄り、投薬中の方、
動物や植物にも使えます。
他の治療法との併用もできます。

薬ではないので、特別な資格や知識は必要ありません。
お母さん、お父さん、ペットの飼い主さん、お友達、子供が親に、、、
と、誰でもが誰かのために使ってあげられるものです。

海外では、救急隊員が携行している物でもあります。
英国王室でも常用され、エリザベス女王やキャサリン妃、
かのダイアナ妃も利用していましたし、一流アスリートも利用しています。
日本では近年雑誌で紹介される機会も増え、ナチュラル思考の女性を中心に
愛用者が増えています。

  • 医師が作った療法で、実際に使っていた療法です。
  • フラワーエッセンスは水と保存料以外の成分が入っていません。
  • 37種の植物由来のエッセンスと1種は岩清水
  • 飲んで使用する
  • 心のケアに使う
  • 誰でも誰にでも使うことができる
  • 薬ではない
  • 90年以上前から使われている

 

フラワーエッセンスの使い方

フラワーエッセンスは基本的には飲んで使うものですが、
それ以外にも様々な使い方ができます。
体につける、スプレーする、お風呂に入れる、ディフューザーに
入れるなど、ご自身が取り入れやすい方法で使ってください。

飲んで使用する

直接口の中に数滴たらしたり、飲み物(何でもOK)に数滴入れて飲みます。

スプレーやミストにする

お好きな香りのルームフレッシュナーに入れるのもおすすめです。

お風呂に入れる

湯船に入れてゆっくりつかるのもおすすめです。

ディフューザーに入れる

体に直接つける

直接手にとって体にすり込む、クリーム、オイル、ジェルなどに混ぜてマッサージするのもいいですよ。

ペットや植物にも

ベットの場合は、飲み水に入れたり、薄めてごはんに入れたり、
フラワーエッセンスをつけた手でなでる、マッサージする、などなど。
植物ならお水に入れる、スプレーするなど。

 

 

フラワーエッセンスを使うと、
海が凪いでいるように穏やかな気持ちになります。
日々、様々なことで心がささくれ立つ時に、
悲しい時に、苦しい時にフラワーエッセンスを
役立てていただけたら嬉しいです。

家族や友人、ペットのために使いたい、
もう少し知りたい、現在のセラピーのメニューに
加えたいとお考えの方向けに講座を行っています。

また、カウンセリング(猫の飼い主さん、
もちろんそれ以外の方も歓迎)や
フラワーエッセンスの販売もしていますので、ご興味がありましたら、
ぜひお声をかけてください。

猫におすすめのフラワーエッセンスについてはこちら