フラワーエッセンスの選び方

初めての方や慣れないうちは、プラクティショナーのカウンセリングを受けることをお勧めします。(プラクティショナーはお話を伺いながらクライアント様の気持ちの整理をし、必要なエッセンスの提案を行います)

けれども、カウンセリングを受けるのは面倒だ、恥ずかしい、時間がない、等々という方に参考になる2の方法をご紹介します。

 

7グループ選択法

 バッチ博士は38種類のフラワーエッセンスを、人のマイナスの心理的傾向(否定的な感情)別に7つのグループに分類しました。

自分の心理状態にあったグループの中から、必要と思われるエッセンスをお選びください。

・不確実さを感じる時に

・日常の恐れ・突発的な恐怖を感じる時に

・現状に興味がないと感じる時に

・あきらめや悲観・絶望感を感じる時に

・人の影響を受けすぎていると感じる時に

・他人のことを気にし過ぎていると感じる時に

・孤独、苛立ちを感じる時に

 

12-7-19選択法

 バッチ博士が発見した順序で、12ヒーラーズ、7ヘルパーズ、セカンド19の3つのカテゴリーに分類したもの。

12 healers(12ヒーラーズ)

 もともと持っている基本的な性格や気質を表すエッセンス。

 バッチ博士は人の性格は12種類に分類されると考えていた。

 

7 helpers(7ヘルパーズ)

 日々の生活の積み重ねによって慢性化した状態を表すエッセンス。

 育った環境の影響もこのカテゴリーに含まれる。

 

Second 19(セカンド19)

 毎日の生活で起こる感情の起伏を表すエッセンス。

 一時的、短期的に陥っている感情の起伏。

 

各フラワーエッセンスがどこに入るのかや働きについてはこれから書いていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です